SDGsを自分の仕事に置き換える

SDGsには、17の目標がある。そしてその目標の下に169項目のターゲットがある。どれを読んでも壮大な事が書いてあって、17項目を見ると言いたいことはなんとなくわかる。そしてさらにその下の169項目を読むと自分たち中小企業や一個人に何ができるのだろうか?と考えてしまう。

たぶん多くの人が、その段階になって自分とはあまり関係ないなと思ってしまうと思います。

それで一回SDGsの発想が生まれた根本に戻ってみました。

根本は、そもそも今の人類は今のままの生活をしていたら、地球がどんどん壊れて行き、貧富の差がどんどん開き、とても住みにくい星になってしまうから根本から思想を変えようという発想の元に生まれた事だと認識しています。

そもそもなんで今の世の中になったのか

消費する事で経済が回る仕組みになってしまった。物を動かさなくてはお金の流れが生まれない。だから、必要のないものまでも生産して物欲をかきたてて消費させる。
様々ないらない機能を持たせて付加価値をつけ、挙げ句の果てには色々な機能が盛り沢山なんだけどすぐ壊れる製品になっていった。

SDGsとこれからのビジネス

ぼくが理想とするこれから世の中は、物欲・金欲・地位・名誉といったもので欲を満たすのではなく、心を豊かにする事で欲を満たす人々がどんどん増えていけばいいと思っています。

生活しなければいけないからお金が欲しい。お金を得るには地位や名誉があったほうがいい。要は生活するためにお金がかかる世の中が問題であって普通に生活する分にはお金が必要のない世の中になれば、人はもっと自由な時間を手に入れて心豊かな生活が送れると思います。

働かなくていもいい社会

究極働かなくてもいい社会を実現すればいいわけすが、食料は誰が作るの?医療や介護はどうするの?という人がやらなくてはいけない仕事はまだまだたくさんありますが、AIの進化によってそれらはロボットが担う時代になってくると思います。

そんな事からこれらはしばらくは人がやらなくても成り立っていく事を形にするビジネスが重要になってくると思っています。

岡本 敏成

岡本 敏成

昭和48年生まれ、とにかく何でも自分でやってみないと気が済まない性格でとりあえず色んな物に手を出し、気に入ったもの楽しいことには深入りするタイプ。 好きなことをしている時が一番クリエイティブになれる。 だから好きなことを仕事にできたらと常に思って生きています。

Leave a Replay